オーナメント 社会福祉法人九頭竜厚生事業団
企業子宝率 1.79  
kuzuryuwork001.jpg
代表者 五十嵐 研治郎
事業内容 社会福祉施設
(従業員規模:100~299人)
本社所在地 福井県勝山市平泉寺町岩ヶ野42-61
連絡先 TEL : 0779-87-3003
URL http://kuzuryu.sakura.ne.jp/
「笑顔でともに助け合おう」
利用者様が安心して過ごせる生活環境を職員の笑顔で提供
 当施設では、大野盆地を広々と見渡せる自然豊かな環境の中で、利用者様が自立した生活を過ごせるように、家族的な雰囲気を大切にしてきました。
 利用者様と職員とで決めた今年の目標は、毎朝、職員全員で唱和します。「笑顔で挨拶をする」、「笑顔で共に助け合う」という簡単な内容なのですが、この何気ない心がけの積み重ねが、家庭的で和やかな雰囲気を創ることになると考えています。
 1年を通じて、季節を感じさせるさまざまな行事が催されますが、中でも夏まつりは職員も準備から力が入る法人一番の行事で、地元の方の太鼓演奏や模擬店、フィナーレには豪快に花火を打ち上げるなど、利用者様をはじめ、地域の方々にも大いに楽しんでいただいています。
 職員は40~50代の働き盛りが大半を占めていますが、勤続10年以上が全職員の約4割、勤続年数30年以上だと16人もいます。中には事情があって退職したものの、「再びこちらで働きたい」と再就職した職員もいます。長期勤続や、再就職できる背景には、居心地の良さはもちろん、仲間同士が応援し合う職場環境や、責任感のある仕事に張り合いが持てるということがあるのではないかと感じています。
 これからも、職員同士の絆で利用者様が穏やかで安心できる生活を支えていきます。
子育て支援の取組
★気兼ねなく休暇が取れる気運の醸成
★予期せぬ休暇に対応できる組織的な支援体制
★家族時間を増やすための定時退社への取組み
kuzuryuwaork002.jpg  
kuzuryuwaork003.jpg
理事長 五十嵐 研治郎さんの思い
 創立38周年を迎え、240人の仕事熱心な職員とともに、当施設は規模を拡大、成長してきました。
 福祉の仕事は人とのつながりが大事で尊い仕事です。職員一人ひとりが責任感を持って携わっていますが、職員には日頃から共に協力し合うことをお願いしてきました。
 業務効率を上げられるところは工夫してきましたが、体力が必要な職場です。また、「もっと有給休暇がとれる職場にしてあげたい」という思いはありますが、人間相手の仕事なので思うようにならないこともあります。その分、あらかじめ勤務割りを配慮して、育児休業や配偶者出産休暇の取得のほか、業務に関する資格取得のために受講しやすいように支援しています。
 夜勤も含めて多様な勤務形態で、職員が今日も元気に勤めてくれるのは、職員自身が健康に留意してくれていることと、その家族の協力・理解があるからだと強く意識しています。これからも、職員が互いに気持ちよく協力し合えるよう意識の醸成を図っていきたいと思います。